ホーム > 定期健診

定期健診

定期健診はどのくらいの間隔で受けるべきですか?

定期健診はどのくらいの間隔で受けるべきですか?

3~4か月くらいの間隔が良いと言われています。
現代の子供は習い事や勉強で忙しいので、あまり短すぎても続きません。
それくらいが一番長く継続できる範囲なのではないでしょうか。

虫歯は通常黒いと思われていますが、乳歯の虫歯は最初黒くないんです。
初期虫歯はまず、白濁した状態になるので、歯垢や歯石と間違われがちです。

しかしそれらは歯の表面にくっついているだけで、歯垢は歯ブラシで取れますし、歯石も歯科医院で取ることができます。
歯垢や歯石を除去しても歯の表面が白濁しているなら初期虫歯と判定されます。

家庭では判断しにくいのが現状で、歯医者に見せなければはっきりとは分かりませんので、定期検診が大事になってきます。

定期健診の内容はどんなものですか?

定期健診の内容はどんなものですか?

定期健診は早期発見早期治療のために、虫歯や歯周病に加え、歯並び、噛み合わせが悪くなっていないかを見ます。
良く見ると歯周病があったり噛み合わせが悪くなる様な徴候が見つかることもあるので、虫歯がなくても検診を受け、万全を期す事が大切です。

問題なければ予防として歯磨きの指導や、フッ素を塗布し、虫歯にならないようなお口の中を保つ指導をしています。

虫歯がないと遠慮する方もいますが、ここ大丈夫かなと心の中に心配を抱えているより、来て安心してもらう事が大事。
僕は気にせずにどんどん電話して下さいといつも言っています。
将来予測される歯の問題を未然に防ぎながら、子どもの成長に合わせて最善の治療を行います。