ホーム > 子どもの歯磨き

子どもの歯磨き

家での虫歯予防法は?

家での虫歯予防法は?

歯を磨くだけでも予防になります。

歯磨きは歯が生えてきた時点で始めるのが一番ですが、なかなか難しいようで、ほとんどの人が1歳前後から始めるようです。
歯ブラシで始めるとよいのですが、なければ最初は親が指にガーゼを巻き、ブラシ代わりに歯の表面をごしごしと磨いてあげてもよいと指導しています。

正しい歯の磨き方は?

正しい歯の磨き方は?

歯ブラシの選び方から始まります。
ブラシ部分の長さはだいたい前歯2本分の幅。
それくらいだと口内で自由に動かせます。

まずは必ずお子さん自身に磨かせて下さい。
歯ブラシを持たせ、遊びがてら自分で練習させます。
小さな子ほど手に持って遊ぶだけですが、歯に歯ブラシを当てて動かしていくという形を取りながら、上手に磨けるよう習慣化していきます。
両親がお手本を見せながら、ちょっとずつできるようにしていくといいでしょう。

磨けていない部分を親が必ず仕上げ磨きします。
本人が完全に磨けるようになれば不要になりますが、早くても小学校に上がるくらいまでは、磨き残しが必ずあるので仕上げ磨きしてあげましょう。
仕上げ磨きでは一本一本磨くよう指導します。

どうすれば磨き残しが分かるのか聞かれますが、歯垢染色液というものが歯科医院だけでなくドラッグストアでも手に入ります。
赤い液を綿棒で全部の歯につけ、一度うがいすると歯垢が赤く染色されます。
それが取れるまで磨いて下さい。

子どもにも歯磨き粉は必要ですか?

子どもにも歯磨き粉は必要ですか?

歯磨き粉は研磨剤ですが、歯垢は歯ブラシの先で取るのがほとんどで、歯磨き粉は数%の効果しかありません。
うがいのできない小さな子は付けずに磨いて良いです。

大人でもたくさんつける人がいますが、たくさん泡が立つと、例え磨けていなくても爽快感が得られ磨けたような気持ちになります。
つけるなら少しにして、歯磨き粉にあまり頼らないようにしましょう。